2018年5月18日金曜日

気仙沼に行ってきました。

5月12日13日と一泊で気仙沼を訪問しました。
今回はコクア会のみなさまのバザーの収益金の
80万円と、昨年11月以降の募金の20万円を足した
100万円を持参して、直接、会計責任者の
高橋弘則さんにお渡ししました。

震災以降 気仙沼市の人口は減少しているのに
世帯数は増えているという現状が意味していること。
被災した方々が核家族化して、公営住宅に入居せざるを得ない
ということでした。
道路整備は着々と進んでいますが、肝心の
人々の生活が取り残されているのではないでしょうか。

陸前高田では、見渡す限りに整地と盛土。
南三陸では「防災対策庁舎」が盛土の向こうに



沈んで見えました。震災遺構にするか否か、結論は
まだ出ていないそうです。
「さんさん商店街」のフォトスタジオでは、
震災を伝え、ふるさとの防災について考えてもらおう、と。
写真展を開いています。




大谷小学校・大谷中学校では、校庭の仮設住宅が全て撤去され
以前の校庭を使えるようになりました。19日(土)は大谷小学校の
運動会です。現在全校生徒数153名。記念品として消せる蛍光ペン
一人2本で、贈呈させていただきました。



安波山から見下ろした気仙沼市内
来年春には完成予定の大島とをつなぐ橋




2018年2月28日水曜日

コクア会の皆様による支援

コクア会の皆様より、これまで多額のご寄付をいただいておりますことを、遅ればせながら報告させていただきます。
直接に管理口座に振り込んで頂いていたため、こちらのHPには公表いたしませんでした。コクア会の皆様には、熱意を持ってバザーなどの活動を通して、大谷こども未来基金にご協力いただいております。
心より御礼申し上げますとともに、ここにご報告させていただきます。

担当の方に送らせていただいた報告を添付いたします。


2018年1月1日月曜日

あけましておめでとうございます。

昨年も多くの方々からのご協力、ご賛同を得て、支援金を集めることが出来ましたこと、
御礼申し上げます。

12月には逗子友の会【婦人之友】愛読者の会の皆様
城南信用金庫九段支店の募金箱・表町町会歳末助け合い募金
と、それぞれ高額の募金を頂きました。

振り返れば8月には、城南信用金庫さま、東京新聞社さまのご協力の下で、
国際フォーラムでのプレゼンテーションをさせていただけたことにより、
多くの方々にこの活動を知っていただくことができました。

また、昨年は2回気仙沼を訪問いたしました。
大谷小学校では、校庭に建っていた仮設住宅が、いよいよ解体の運びとなり、
今年は本来の校庭に戻る予定です。
そして、この夏からは大谷海岸での海水浴ができるようになるという話もあります。
少しずつですが、前に進んでいます。

本年も応援、よろしくお願いいたします。

山本 和子